サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
3世紀に建てられたサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂は、初期キリスト教教会の基盤の上に立っています。 4つあるローマの教皇のバシリカの一つです。 建物は、何世紀にも渡って�"�築され続��'ました。例えば、ローマで最も高い鐘楼は14世紀に遡り、ファサードは13世紀のモザイクで飾られてはいるものの17世紀に遡ります。
聖堂内は、モザイク装飾で覆われた壁や��'で覆われた素晴らしい格��"天井��'�''賞する��"とができます。